松丸亮吾も体験!セグウェイドリフトの値段、公道はOK?体験したい!

先日の「沸騰ワード10」で松丸亮吾(まつまるりょうご)さんがハマっているものとして

セグウェイドリフトが紹介されました。

番組内では、ハマっているもののなかなか上手く乗れず、

スタジオからは爆笑の嵐でしたね(笑)

このセグウェイドリフト、
沸騰ワードを見てから、

気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事ではセグウェイドリフトについて書いていきます。

セグウェイドリフトとはいったいどんなものなの?

”セグウェイ”と聞いて想像するのは

こういうハンドルのついた形ですよね。

私も乗ったことがありますが、バランスが取るのが難しくて
同じ場所をぐるぐると回ってしまって
全然、前に進まない記憶があります。

今回紹介されたものは片足ずつ乗る

”セグウェイドリフト”という種類です。

なんだかとてもスタイリッシュで近未来的な形ですね。

ローラースケートとは何が違うの?と思ったのは私だけでしょうか(笑)

このセグウェイドリフトは

足を乗せる面がシリコンパッドになっており

足を止めるバンドはなく、ただ足を乗せるだけの簡単なものです。

前後左右に体重移動するだけで動きます。

乗せるだけって、、、

不安定すぎて絶対転ぶじゃん、、、、って思いますよね(笑)

実際松丸さんも派手に転けていましたし、、、、

重さは1台約3.5kg。

片足が2リットルのペットボトル1本分かと思いきや

片足に2本分の重さらしいです。

結構重たいですね(笑)

ただやはり、テレビで紹介されると

欲しくなりますよね。

セグウェイドリフトの値段はいくら?

セグウェイドリフトの値段はいくらするのでしょうか。

価格は59,400円(税込み)!

高い!!!(笑)

思いたってすぐ買えるものではないですね。。。

電動自転車だと人気のモデルは8万円くらいと考えると

買っても良いかなと思います。

ちなみにAmazonだと公式よりは少し安く

約4万弱(税込み)で買えるようです。

メルカリだと現時点(2020年2月)で
25000円くらいが相場になっていたので
ちょっと試して、また売る!

をすれば安く試すこともできそうです。

セグウェイドリフトは公道で走って良いの?

このセグウェイドリフトはどこでも乗って良いのかというと

そうではありません。

日本では公道走行は禁止されており

主に私有地での使用となります。

また、使用時は必ずヘルメットとプロテクターを使用することが決められています。

公道走行ができないとなると

使用場所がかなり限定されてしましますね。

凸凹のない広めの駐車場やスケボーができるような公園などでは

使用できそうですですね。

約3時間でフル充電でき、

乗り方にもよりますが約45分走行可能です。

そして最大速度は約12km/hです。

だいたい新宿から渋谷まで行けるくらいの距離。

自転車に乗るのと同じくらいの速度ですね。

これならセグウェイドリフトの方が楽と思いますが

あくまで「公道走行は禁止」ですのでご注意ください。

ラウンドワンでセグウェイドリフトを体験可能!

値段も結構高いし、買っても公道が走れないとなると

買う前に一度乗り心地を試して検討してみるのもアリですね。

ただ、どこでも売ってるものではないし

持っている友達もいないと諦めている方、、、

実は!このセグウェイドリフト

ラウンドワンのスポッチャで実際に体験することができるんです!

※利用条件あり

そしてなんと!

ラウンドワン全店で稼働しています!

これは嬉しい情報です!

買うのは少し高いので

スポッチャに行って体験してみようかなと思います。

セグウェイドリフト未体験の友達と行って

みんなでワイワイしながら乗ると楽しさ倍増しそうですね。

インスタのストーリーにあげたら

注目を浴びそうです(笑)

買うのはちょっと、、、と迷っている方は

ぜひ、ラウンドワンのスポッチャで体験してみてください!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク