ディズニーにあるクワイエットルームの意味は?何をする場所なの?

東京ディズニーシーに昨年設置された

クワイエットルーム

クワイエットルームとは何なのか

そもそもクワイエットルームという場所が

ディズニーシーにあったことすら知らない方も多いですよね。

コロナでマスク着用の中

唯一マスクを外して良いエリアが海外にはあるので

そのことかと思いきや

どうやらクワイエットルームの意味は違うようです。

今回は東京ディズニーシーに設置されたクワイエットルームについて

書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

ディズニーにあるクワイエットルームの意味は?何をする場所?

ディズニーシーにあるクワイエットルームとは何なのでしょうか?

クワイエットルームがあるのは

東京ディズニーシーと東京ディズニーランドの両方です。

場所はディズニーシーの外で

メインエントランス・サウス側の近くにあります。

クワイエットルームを外から見るとこんな感じです。

この右側にサウスエントランスがあります。

ディズニーシーは2019年10月23日に設置し

ディズニーランドは2020年2月13日に設置されました。

クワイエットルームは

海外のゲストのための礼拝室

近年は海外からのゲストも増え

宗教を問わず静かに礼拝ができる場所として

オリエンタルランドが設置しました。

ディズニーだけではなく

駅やショッピングモール、学校など

礼拝ができる部屋を設けている施設が増えてきましたよね。

ディズニーシーにあるクワイエットルームは

敷地はリゾートですが

ゲートをくぐる手前に設置されているので

わざわざチケットも買う必要がなく誰でも利用できます。

ディズニーの周辺に住んでいる方なら

このクワイエットルームの設置はうれしいですよね。

礼拝がある宗教といえば思いつくのはイスラム教です。

イスラム教では

夜明け、正午、午後、日没、夜半の1日5回の礼拝が義務付けられています。

海外のようなちゃんとした大きい礼拝堂ではないですが

誰でも利用できるスペースとして設けられているので

日本に旅行に来ている海外の観光客も

クワイエットルームがあると安心ですね。

ディズニー側が公式にこのクワイエットルームを公表していないのは

あくまでも「夢の国」という世界観を壊さないような配慮や

公式にしてしまうと礼拝堂の本来の使用目的以外の人が集まってきてしまう

懸念を考えてあえてマップには載せていないのかもしれませんね!

ちなみにクワイエットルームは香港ディズニーランドにも設置されているそうです。

まとめ

ディズニーにあるクワイエットルームは

海外からのゲストのための礼拝堂でした。

ディズニー周辺に住んでいる海外の方や

日本に旅行に来ている海外の方はぜひ利用してみてくださいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク