オポッサムの死んだふりが気持ち悪い!どういう仕組みなの?

世界一死んだふりがうまいと言われている

オポッサム

オポッサムは背中に子どもを乗せて歩く姿が有名ですが

生態についてはそこまで知らないという方も多いのではないでしょうか?

オポッサムの死んだふりは防衛術ですが

どういう仕組みで死んだふりができるのか

気になりますよね!

今回はオポッサムの生態や死んだふりについて

書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

オポッサムの死んだふりが気持ち悪い!どういう仕組みなの?

オポッサムはどんな生態を持つ動物なのでしょうか?

k

オポッサムは有袋類オポッサム目オポッサム科の動物で

実は70種類以上も種類があります!

体長は35〜55㎝ほどで

ネズミに顔が似ています。

北アメリカや中央アメリカ、南アメリカの森林地帯に生息し

木登りが得意なので基本的には樹木の上で生活する動物です。

雑食性で鳥やカエル、魚、昆虫、甲殻類などをエサとしています。

よく見るのが赤ちゃんがお母さんの背中につかまって移動している姿。

ジブリの「もののけ姫」にでてきそうですね。

寿命は野生だと2〜3年で

飼育しているものだと4〜7年と言われています。

オポッサムの特徴的な生態の一つとして死んだふりがありますが

みたことありますか?

あの見た目からは想像できないくらい

気持ち悪い。。。

顔がグロテスクというか

怖いですよね。。。

オポッサムは犬やキツネなどの敵に狙われると

口を開けて舌を出し死臭のする液を口から出して倒れます。

多少突かれたりしっぽを噛まれても微動打にしないようです。

それと同時に身体の筋肉を硬直させることもできるので

攻撃のダメージも減らせるというなんともポケモンみたいな動物ですね。

自ら死臭を出せるのはすごいですね!

オポッサムは飼育されているものだと4〜7年生きられると先述しましたが

実際に飼うこともできるようです。

スポンサードリンク

オポッサム 飼えるの?価格は?

オポッサムは飼育できるんでしょうか?

日本でペットとして販売されているオポッサムは

ピグミーオポッサムという種類で手のひらサイズのものが多いです。

ピグミーオポッサムだとネズミやモモンガみたいで可愛いですね!

オポッサムは人懐っこい性格ですが

それぞれ性格は違うので必ずしも懐くとは限らないそうです。

価格は大体6万円程度!

飼育するためには高さを重視したケージと巣箱や

エサ箱、水のみ場があれば買うことができます。

ただしオポッサムは寒さに弱く冬眠する動物なので

保温器具を揃えてあげることが必要です。

オポッサムを飼う場合は冬の飼育方法や飼い方を

ペットショップやブリーダーさんに確認しておくと良いでしょう!

まとめ

オポッサムは敵に遭遇すると死んだふりをして

その姿は結構気持ち悪かったですが

これも身を守る術なので面白い生態ですね。

もしオポッサムを飼ってみたいという方は

ピグミーオポッサムなら簡単に飼うことができるので

調べてみてくださいね!

番組で出された死んだ演技をするもうひとつの動物についても

書いていますのでぜひ読んでみてくださいね!

「トリニクって何の肉!?」でクイズになった シシバナヘビが死ぬ演技をするときにする行動とは? シシバナヘビってあまり見た...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク