松隈ケンタの大学はどこ?年収はまさかの!楽曲盗作疑惑はガチ?

関ジャムの完全燃showに出演した

音楽プロデューサーの松隈ケンタ(まつくまけんた)さん。

松隈ケンタさんは福岡県出身で

J-POPやロックを中心に作曲されています。

BiSHやBiSなどのサウンドプロデューサーで

今年松隈ケンタさん率いるロックバンドBuzz72+を

約13年ぶりに復活させたことで話題になりました。

作曲家であれば印税が高額だったり

年収がとても良いんでは?と思いますよね!

楽曲を作るときに

現存のミュージックとかぶることはないんでしょうか?

今回は松隈ケンタさんの出身大学やみなさんも気になる年収、

楽曲盗作疑惑について書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

松隈ケンタ 大学はどこ?

松隈ケンタさんはどこの大学出身なのでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

Reunion 2020 !! #buzz72

Kenta Matsukuma(@kentamatsukuma)がシェアした投稿 –

松隈ケンタさんは幼い頃から音楽が好きで

将来は音楽界に入りたいとずっと心に決めていたそうです。

中学生のときにTRFが全盛期で

高校生になるとカラオケブームの中松隈ケンタさんはずっとロックバンドをしていました。

松隈ケンタさんは学校が嫌いで高校を中退しているので

大学には通っておらず

「自分には音楽しかない」

という思いからレコード会社に入社しました。

社長の鞄持ちを1年半したあと

「好きなことをやっていいよ」

と言われBiSを結成。

どっぷり音楽業界にのめり込んでいきます。

音楽プロデューサーとなればかなりの印税が入ってくると言われていますが

松隈ケンタさんの年収はいくらなのでしょうか?

松隈ケンタ 年収はいくら?

松隈ケンタさんの現在の年収はいくらなのでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

my creative room!!

Kenta Matsukuma(@kentamatsukuma)がシェアした投稿 –

2007年にBuzz72+が活動休止してから

作曲・作詞家となり

柴咲コウ、中川翔子、Kis-My-Ft2、BiSHなど

さまざまな有名アーティストに楽曲提供を始めました。

柴咲コウ – ラバソー ~lover soul~

2011年(32歳)のときに音楽制作チーム「SCLAMBLE」を結成し

2014年(35歳)で株式会社SCLAMBLEを設立。

現在はミュージシャンを育てるスクールも各地で経営しています。

1曲の相場は10,000〜30,000円で

一般的な音楽プロデューサーの平均年収は200〜300万円です。

意外と安いんですね!!!

つんく♂さんの最高月収が約10億円となると、、、

松隈ケンタさんは有名アーティストにも楽曲提供を行っており

スクールも経営しているので

年収約3億円

といったところではないでしょうか?

YouTubeも始めているので

今年はもっと年収が上がっていく可能性がありますね!

そんな松隈ケンタさんですが

実は楽曲盗作疑惑が、、、

真相はどうなのか調べてみました!

松隈ケンタ 楽曲盗作疑惑はガチ!?

松隈ケンタさんの楽曲盗作疑惑は本当なのでしょうか?

この投稿をInstagramで見る

rehearsal !! #scrambles #jimmyquartett #ghostoracledrive

Kenta Matsukuma(@kentamatsukuma)がシェアした投稿 –

松隈ケンタさんはBiSHというロックバンドの前に

BiSというグループもやっていてそのときに

TRFの「survival dAnce ~no no cry more~」 をカバーしていました。

おそらくこのカバーが盗作したのではないかと思われるので

楽曲提供を始めてからは盗作はしていないようです!!!

海外アーティストた日本のアーティスト同士でも

楽曲のカバーは行っていることなのでそれが「盗作」と言われてしまったのかもしれませんね!

まとめ

松隈ケンタさんは大学には行っておらず

高校中退後音楽業界で実績を残してきた方でした!

これから海外アーティストのようなロックの音楽を作っていきたい

とも言っているので

いつか海外アーティストへの楽曲提供が実現するかもしれませんね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク