マスクの検品に8億円!その内訳をバイト代として使われるなら超高額!

妊婦用マスクに不備があったとして、

検品作業に国は8億円の費用が必要と発表して

大炎上しています!!


ニュースによると・・

厚労省は約4万7千枚で異物混入や黄ばみなどがあったと発表。

確かに、届いたマスクに変なものが入っていたり

黄ばみがあったりすると、不安になって使いたくないのは

わかりますが。。

果たして、8億円もマスク検品に必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

マスク検品作業の8億円の内訳は??

国の発表によると、専門の業者に委託する形で

マスク検品を行うそうです。

その数は、550人で検品する作業代として8億円の支出があると発表。

内訳を簡単に計算してみると・・・

単純計算で、1枚検品する費用として

17000円がかかる見込み・・・。

これは普通にマスク買った方が早い。

そして、550人の検品作業費として使うのであれば

1人当たり140万円を

支給している計算になります

国は、検品作業代として話していましたが、

これに発送料を入れてみましょう!!

絶対この金額よりは安くなるでしょうが

一般でも使われる日本郵便のクリックポストで送ったと仮定します。

クリックポストは全国一律198円で3cm以内の商品を

配達してくれるサービスです。

マスクは2枚ずつ発送なわけだから、

74000枚÷2=37,000

37000ペアの発送になります。

それを1枚10円の封筒にいれて発送したとすると・・・・

37万円かかりますね!!

37000×198+37万=

770万円かかります。

8億円の予算からすると・・

770万円しかかからない。

いやいや、マスクの値段があるでしょ?!

それならマスクの値段も予算にいれてみましょう!!!

今の相場が50枚3000円くらいですか?

1枚当たり60円の計算ですが、

国が配布する高級マスクです!

2倍くらいにしておきましょうか!!

それで計算すると、、

マスク代だけで880万円です。

つまり・・・。

マスク代と発送料をあわせても

1650万円しかかかりません。

どうやったら、8億円になるのか

私には理解できません。

きっとマスク検品には、

国家資格が必要で、10年くらいの

勉強時間が必要だったりするのでしょう。

それであれば、少しは納得できますが。

将来のなりたい職業ランキング1位に
「マスク検査員」になりそうですね。

私に4億ください!!

検品して配達していきます!!

マスク検品仕事のバイト希望者も増えそうですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク