黒崎みさはどこを整形しているの?費用?腕のテープの理由は?

ピンク好きに特化した韓国ファッション通販サイト「PINK LUSH」で

モデル・商品企画・PR担当として活動している

黒崎みさ(くろさきみさ)さん。

お人形フェイスで女子から大人気の黒崎みささんは

顔の整形をしていたことを

2020年1月1日にYoutubeで公開し話題になっています。

黒崎みささんは

1995年8月8日生まれの現在24歳です。

今整形は若い世代ではファッションの一部として親しまれるようになりましたが

黒崎みささんは20歳くらいから整形を始めています。

どこを整形しているんでしょうか?

今回は黒崎みささんの整形部位や費用

腕にテープについて書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

黒崎みさ どこを整形してるの?費用は?

黒崎みささんはどこを整形しているのでしょうか?

①アゴ

アゴはヒアルロン酸を注入してアゴをシュッと見せています。

カメラで加工するときに

アゴをシュッと見せることは多いですが

アゴにヒアルロン酸をいれるとその手間が省けるようになったそうです。

ただ黒崎みささんは

やらなくてもよかったレベル。。。

②目

目は埋没整形後に二重前切開をしています。

もともと黒崎みささんはまぶたが一重だったのがコンプレックスで

二重幅を1㎝に整形。

最初の埋没整形で三重みたいになったため

自然と不自然の間の綺麗な二重になるように

二重前切開をしたそうです。

③エラ・アゴ

小顔にするためにエラの骨を1㎝くらい削っています。

アゴは骨をT字に切って中心を1㎝カットして

三角形になるように整形しました。

口の中にはまだ切開した傷が残っているようですが

エラやアゴを切開したときのたるみなど後遺症はなかったそうです。

骨を削ることは大掛かりな整形なので

整形する際はダウンタイムや後遺症のことをよく考えた方が良さそうですね。

④鼻

鼻は2回整形したそうですが

1回目は鼻中隔延長とゴアテックスで鼻筋を長く見せる整形をしました。

ただ1回目の手術で

時間が経つにつれて重みで鼻がだんだん長くなってきたそう。

2回目の整形でゴアテックスの抜去しプロテーゼを入れ

小鼻縮小と鼻中隔削りと鼻の高さを出しました。

ダウンタイムはだいだい1年くらい。

全ての整形の費用は明らかになっていませんが

同じく整形をした本田ことさんの費用をまとめているので

そちらを参考にしてみてください!

Poupeeのブランドのディレクターをしている 本多胡桃(ほんだこと)さんの体型がグラマラスすぎて 話題になっています。 ...

黒崎みささんはずっと腕にテープを貼っていますが

これも整形の跡なんでしょうか?

スポンサードリンク

黒崎みさ 腕のテープの理由は?

黒崎みささんの腕のテープの本当の理由は何なのでしょうか?

黒崎みささんは整形を始める前は

コンプレックスばかりでアムカをしていました。

アムカとは

アームカット(腕を切る)ことを意味します。

腕のアムカは4〜5年前の傷だそうですが傷が消えず

またアムカを始めたんではないかと

変なウワサだったり誤解を招かないようにテープで隠しています。

今の自分に自信を持った黒崎みささんからは

想像できませんね!

ただ自分の過去を包み隠さず公表している黒崎みささんは

芯の強い女性だと思います!

まとめ

黒崎みささんはさらに小顔にするために

頬の骨を削ることと歯を抜いて歯並びを整える手術を考えているそうです。

ますますお人形さんの顔に近づきそうですね!

黒崎みささんの顔になりたい女子はたくさんいると思うので

また新しく整形をしたら動画をアップして欲しいですね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク