コトドリは求愛する時、ダンスをしながら何をする?

「トリニクって何の肉!?」で問題になった

コトドリは求愛するときダンスをしながら何をする?

みなさんは正解できましたか?

見た目はクジャクを小さくしたような綺麗な鳥ですね。

この羽を広げてダンスするとか

変な声で鳴きながらダンスをするとか

予想できるとしたらこれくらい、、、?

今回はコトドリの求愛方法についてまとめたので

みなさんも答えを予想しながら読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

コトドリは求愛する時、ダンスをしながら何をする?

コトドリは求愛する時、ダンスの他に何をするんでしょうか?

コトドリは全長80〜100㎝で

そのうち尾羽の長さが60㎝!!!

この綺麗な尾羽はオス特有でその尾羽が竪琴に似ていることから

「コトドリ」という名前になりました。

コトドリはオーストラリアの森林地帯に生息する固有種で

オーストラリアの国鳥として

10セント硬貨に描かれています。

コトドリの最大の特徴が

いろんな音を真似できること!!!

インコやオウムみたいなイメージですね。

カメラのシャッター音やチェーンソーの音、チャイムの音など

レパートリーが豊富です。

実はこの音真似こそが求愛の時にダンスとする行為なんです!

Lyrebird Mimicking Chainsaws, Cameras, Cars and Even People!

オスは繁殖期になると1mほどの堀を

枝や落ち葉をかき集めて作り

その上で尾羽を広げて音真似をしながら求愛ダンスを踊ります。

モノマネ上手なほどメスにモテるらしい!

音真似は個体差がありますが

音が本物の音と似すぎて

逆に求愛で出している音なのか

自然に聞こえてくる音なのかわからないですよね。

実際にコトドリの発する音が似過ぎていて

仕事の終わりのチャイムと間違えて作業員が仕事を終わらせて

上司から怒られたりという事件が発生しているそうです(笑)

確かにここまで似ていると

コトドリ自身は聞き分けができても

人間には聞き分けが難しいですよね。

コトドリは言葉も真似できるようで

コトドリの前で子供の名前を呼んではいけない

とも言われているようです。

なぜかというと

コトドリが子供の名前を呼んでそっちについていってしまう子も

中にはいるんだとか。。。

子供は大人よりも耳がいいですが

その子供でも間違えるくらい音真似をできるなんて

ある種コトドリにしかない才能ですよね!

ちなみにコトドリは日本ではみらませんので

もしみてみたい方はオーストラリアのアデレード動物園に行ってみると

会えるそうですよ!!!

まとめ

コトドリは求愛する時にダンスをしながら

音真似をすることでメスを引き寄せていました!

一度生で聞いてみたいですが

お子さんと一緒に観に行く時は

お子さんから目を離さないように気をつけてくださいね!

「トリニクって何の肉!?」で問題になった

サメの1週間に1度入れ替わるものについても解説していますので

気になった方はご覧ください。

「トリニクって何の肉!?」でクイズになった サメの体内で1週間に1度入れ替わるモノは何? みなさんは正解できますか? ...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク