コアラの赤ちゃんは生まれた後、どこで育てられるの?

「トリニクって何の肉!?」で紹介されたクイズ

コアラの赤ちゃんは生まれた後どこで育てられるの?

みなさんは正解できましたか?

コアラが好きな食べ物や鳴き声はみなさんご存知だと思いますが

赤ちゃんをどこで育てるのかと言われたら

なかなか想像できませんよね。

カンガルーだと赤ちゃんは

お母さんのお腹にある袋で育ちますが

コアラにもそんな袋がついているとは思いませんし、、、

コアラは木の上で生活することが主なので

敵から襲われないように赤ちゃんも木の上で育てるんでしょうか?

今回はコアラの赤ちゃんがどこで育てられるのか

見逃してしまった方のためにご紹介します!

みなさんも正解は何なのか想像しながら読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

コアラの赤ちゃんは生まれた後どこで育てられるの?

コアラの赤ちゃんは生まれたらどうやって育てられるのでしょうか?

コアラは3〜4歳からだいた毎年1頭の割合で赤ちゃんを産みます。

野生だと2〜3年に1頭を産むコアラもいます。

コアラの平均寿命は12年ですから

生涯に5〜6匹産むことになります。

コアラは妊娠して35日程度で赤ちゃん(ジョーイ)を出産します。

(コアラの赤ちゃんの事をジョーイと呼ぶみたいです!)

生まれたばかりの赤ちゃんは

体長約2㎝、体重1g以下!!!

目は見えず耳や毛も生えていなくて

ジェリービーンズのようなイメージ。

ただ赤ちゃんコアラは生まれつき臭覚・触覚・力強い前足と爪、

方向感覚が優れていて自力で産道からお母さんのお腹の袋にたどり着くんです!!!

コアラは生まれた後

お母さんのお腹の袋の中で育つんですね!!!

まさかあの小さな体に袋があるなんて

予想もしていませんでした!

お母さんの袋はふわふわであったかそうですね!!!

袋の中ではお母さんのおっぱいを飲んで

生後6〜7ヶ月まではミルクですくすくと成長していきます。

お母さんコアラは赤ちゃんが袋から落ちないように

出入口部分の括約筋締めて生活をしていきます。

赤ちゃんコアラはお母さんのお腹の中にいる間に

耳や目が発達し、毛も生えてきます。

生後20週目で目が開いてくると袋から顔を覗かせて

22〜30週くらいでミルクに加えて「パップ」というものを与えられます。

パップ」とは

お母さんコアラの特殊な排泄物で盲腸で作られるやわらかい食べ物で

パップにはタンパク質がたくさん含まれています。

人間でいう離乳食のような役割。

1歳になるまではミルクとパップで育ちます。

そして

成長すると袋から離れてお母さんの背中やお腹にしがみつき

コアラの主食のユーカリを食べるようになっていきます。

私たちが動物園などでよく見る光景ですね。

コアラの出産は1〜2年に1頭なので

次の子どもが生まれる頃になると袋から離れて

自分の生活圏内で自立。

ちなみにカンガルーの親離れが生後8〜10ヶ月なので

それに比べるとコアラは親離れまで1年と長いんですね!

親のエサの取り方を見て学んで

成長していきます。

ただ野生のコアラは移動中に自動車事故に遭ったり

長く生きれない子たちもたくさんいます。

そういった事故を避けるためにも

コアラの生息地は森の奥に追いやられる傾向があります。

これは私たちもこれから考えていかなければならない問題ではないでしょうか?

まとめ

コアラは生まれた後お母さんのお腹の中で育てるとは

とても意外でしたね!!!

あんな小さい体に赤ちゃんが入れる袋がついているなんて

予想もしていなかった方は多いのではないでしょうか?

日本では赤ちゃんコアラはなかなか見ることができないので

とても勉強になりました!

最近ではオーストラリアの火事で亡くなってしまったコアラも多くいます。

自然現象には対抗できませんが

私たちもコアラの生息地を守るためにできることを考えていきましょう!

先日「トリニクって何の肉!?」で 昆虫はどこで息をしているのかが紹介されました。 見逃してしまった〜という人もいるのでは...

同番組で昆虫はどこで息をしているのかについての問題が放送されていましたので

そちらも予想しながら見てみてください!

テレビ番組「トリニクって何の肉?」で問題として 出題された世界一危険な鳥「ヒクイドリ」 名前はゲームとか漫画で聞いたことはあって...

この回のトリニクって何の肉?!では

オーストラリアに関係する問題が出てきていました!

このヒクイドリも問題として出てきましたので

合わせて紹介しておきます!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク