又吉直樹のヘウレーカ!キリンが首を回せるのはなぜ?その理由がすごい!

又吉直樹のヘウレーカ!」で

放送されたキリンの首の謎。

キリンがなぜ首を回せるのか

その謎について紹介されていました。

人間の首の回転はせいぜい100度程度です。

右から左まで見えるからてっきり
180度くらい回るのかと思っていたら

意外と、動かせる角度って小さいんですね。。。

フクロウは360度回せることで有名ですが

哺乳類は骨格上首を一回転させるなんて

到底無理!!!

そんな哺乳類のキリンは

なぜあんなに首を回すことができるのでしょうか?

見逃してしまったという方のためにも

もう一度解説していきます!

どうしてこんなに首が回るのか

みなさんも予想してみてください!

スポンサードリンク

又吉直樹のヘウレーカ!キリンはなぜ首を回せるの?

キリンの首はなんであんなに可動域が広いんでしょうか?

基本的にキリンを含め

哺乳類の頚椎は7個です。

この頚椎が多ければ多いほど

首の可動域は広がります。

キリンは

首の根元の筋肉・骨格の構造が変化することによって

第一胸椎が頚椎の8個目の頚椎の役割をし

可動域が50㎝も広がりました。

キリンが高いところの葉っぱを食べたり

首を柔軟に動かせるのは

この8番目の首の骨があるからなんです!

大人のキリンの頚椎は1個が約30㎝。

長すぎ!!!

首だけで2mあります。

だからこそ関節が柔らかく

あの長い首も自由自在に動かせるんです。

寝るときは首を体に乗せて寝ます。

そんな態勢で寝たら首寝違えそう。。。

キリンは1日20分しか寝ないので

首を寝違える心配はなさそうですね。

そんな万能な首があるなら

動物界ではかなり進化した動物なのでは?

と思ってしまいます。

しかし

キリンにも首が長いゆえの苦労もあります。

ただその苦労する姿が

とてつもなく可愛い。

なのでみなさんにもご紹介しますね。

又吉直樹のヘウレーカ!キリンの首が長いゆえの苦労とは?

その苦労している姿がこちら!

可愛い〜〜〜!

足開いて水飲んでる!

スマートなイメージのキリンにも

こんな可愛い一面があったんですね。

高いところの葉っぱを食べるために進化した首は

その点では有利ですが

地面よりも低いところの水を飲むには

実は不利なんです!!!

キリンは首も長いですが

四肢も長いです。

そのため首は動かすところの支点となっており

しゃがまずに食べ物を食べることができるため

このしゃがむという動作をあまりしません。

その分首が長いので

首を前に降ろすことで簡単に地面についてしまいます。

ただ地面より低い水たまりなどは

こうして前足を開いかないと顔が水まで届かないんです。

しゃがめばいいじゃん?

と思いますが、、、、

しゃがんでしまうと敵に襲われそうなときに

逃げるのが遅くなってしまいますし

この長さの足を急に動かすと骨が折れてしまうかもしれません。

体が大きく、

しゃがまずに食べ物や飲み物をとれる分

俊敏な動きが苦手なんですね。

まとめ

キリンの首の謎を紹介してきました!

秘密は、頚椎の数にあったんですね!!!

みなさんの予想は当たっていましたか?

キリンが生きていくために発達させた首にも

メリットデメリットがあるんですね。

そしてなにより水を飲む姿が可愛い!

なんだか愛着が湧いてしまいます。

動物園の目玉はライオンとか

トラだったりしますが

今度動物園に行ったときは

キリンを中心に回りたいですね!

先日「トリニクって何の肉!?」で 昆虫はどこで息をしているのかが紹介されました。 見逃してしまった〜という人もいるのでは...

昆虫ってどこで息してるか知っていますか?

番組内でもスタジオ騒然となった回答もこちらに載せていますので

合わせて確認してみてください!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク