蚊取り線香は何で出来てる?○○を練り込んで蚊を退治している!

火曜日21:00〜放送中の「トリニクって何の肉!?」で問題になった

蚊取り線香は何で出来てる?

みなさんは正解できましたか?

蚊がいる季節になると家の中や玄関に

蚊取り線香を置いて蚊を退治する人は多いですよね。

そもそも蚊取り線香って煙が出るだけで蚊を退治できているんでしょうか?

単に蚊が煙が嫌いで退治できているとかなんでしょうか。

今回は蚊取り線香は何で出来ているのかについて

調査してみました!

みなさんも答えを予想しながら読んでみてくださいね!

スポンサードリンク

蚊取り線香は何で出来てる?〇〇を練り込んで蚊を退治している!

蚊取り線香ってそもそも何で出来ているんでしょうか?

蚊取り線香は植物の一種の除去菊に含まれているピレトリンや

類似系のピレスロイド系の成分を練り込んでできています。

ちなみに煙には殺虫成分はほとんど含まれていませんが

この煙を室内に充満させることで蚊を退治する仕組みです。

実はこの蚊取り線香に含まれている成分こそが

蚊を退治していたんです!!!

煙が苦手だからではなかったんですね!

殺虫成分と言っても猛毒ではなく体をマヒさせる程度。

蚊のような羽虫は羽を動かすことで初めて呼吸ができるので

蚊取り線香の殺虫成分に触れた虫は体が動かなくなり

呼吸困難で窒息死するという原理です。

蚊取り線香は1つでたたみ6畳分に効果があると言われているので

家の広さによって置く数を考えるとより効果的!!!

蚊取り線香1つで冷房の風を使って部屋に充満させるのは

殺虫成分が薄れて逆効果なので

もったいぶらず部屋に置いた方が良いでしょう。

蚊取り線香は蚊に対してだけではなく

ハエやゴキブリ、ダニにも殺虫効果があり

夏しか使っていない人が多いですが

実は一年中使えるそうです。

ただ家の中で虫を飼っている方は

その虫にも影響がある可能性があるのでご注意を!!!

もともと蚊取り線香ができたのは明治時代。

蚊取り線香の原料である殺虫菊が日本では手に入らず

アメリカから持ち込まれたことがきっかけだそうです。

当時は火鉢に殺虫菊の粉末を入れて使っていましたが

燃焼時間が短く、現在の渦巻型が考案されました。

蚊取り線香の渦巻型にも秘密があって

就寝前に蚊取り線香をつけて6〜7時間燃え続けるように

渦巻型にしています。

日本人の平均睡眠時間も考えての形だったとは、、、

今はおしゃれな形の蚊取り線香もたくさん売られていますが

渦巻型にも蚊取り線香の効果を生かす考えがあったんですね!

まとめ

蚊取り線香は原料の殺虫菊の成分が羽虫に効いて

蚊を退治できていました!

煙メインなのかと思いきや成分を部屋に充満させることが目的だったんですね!

寝ている時に耳元でプーンと蚊が飛んでいるのって一番嫌ですよね。

しっかり蚊を退治したいのであれば

寝る前に蚊取り線香を風上に置くと良いでしょう!

「トリニクって何の肉!?」のクイズは他にも解説していますので

ぜひ読んでみてくださいね!

「トリニクって何の肉!?」で出題された ニオイを感じるのは鼻毛の奥にある◯毛? みなさんは正解できましたか? ...

「トリニクって何の肉!?」でクイズになった 片栗粉の「片栗」ってそもそも何? みなさんは正解できましたか? ...

「トリニクって何の肉!?」で紹介されたクイズ コアラの赤ちゃんは生まれた後どこで育てられるの? みなさんは正解で...

先日「トリニクって何の肉!?」で 昆虫はどこで息をしているのかが紹介されました。 見逃してしまった〜という人もいるのでは...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク