アブダビのハヤブサレースの賞金は?費用はどのくらいいかかる?

世界ふしぎ発見!」で

アブダビのハヤブサレースに密着していました。

選手のみなさんは、とんでもないスピードで

おとりを捕まえていましたね!

みなさんは

ハヤブサレース

ってご存知でしたか?

ハヤブサレースってそもそもどんなもの?

レースの賞金ってどれくらいもらえるの?

と気になった方も多いのではないでしょうか?

ハヤブサレースについて

ご紹介していきたいと思います!

アブダビのハヤブサ(隼)レースとは?

ハヤブサレースとは一体何なのでしょうか?

ハヤブサレースとは

アラブ首長国連邦のアブダビで開催される競技です。

決まった距離の中で自分のパートナーのハヤブサが

いかにおとりを早く捕まえられるかを競います。

アラブの遊牧民は

昔からハヤブサを使って

鳥やウサギを狩って生活していました。

砂漠が多いアラブにとって

ハヤブサを使った食料調達はとても重要でした。

イスラム教は宗教の中でも

食事制限が多いことで知られていますが

ハヤブサがとったものは清浄なので食べても良い

とされています。

そのぐらい

食生活の中心だったんでしょうね!

しかし20世紀に入りドバイなどの首長国が急成長したことで

このハヤブサを使っての食料調達方法は廃れてしまい

一時は狩り禁止になりました。

これを機に

ドバイの皇太子が2000年代初めに競技として広め、

今ではハヤブサレースに世界中から参加者が集まるほどに。

食料調達法だったハヤブサを使っての狩りがレースに変わり

こんなにも大きな大会となっているのは驚きました。

アラブではハヤブサが大切な存在として知られているので

街にはハヤブサ専門の餌を売っているお店もあるそうです。

ハヤブサの餌って検索すると・・・

冷凍ラットが出てきますww

しかも、その値段が30匹のラットで
30000円オーバー!!!

ちょっと生生しいので検索はしないほうがいいです。

ハヤブサレースの最大の目玉である大統領杯には

約2,500羽のハヤブサが参加します!

ちなみに今大会では日本人初の出場者である

鷹匠の小川涼輔くんが参加しています!

それでは気になる賞金はいくらもらえるんでしょうか?

アブダビのハヤブサレースの賞金はいくら?

ハヤブサレースで優勝するといくらもらえるんでしょうか?

開催国がアラブ首長国連邦なだけあって

賞金額も巨額になりそう!!!

なんと

優勝賞金は約8億円!!!

さすがアラブ。

賞金額も桁違い!

これだけもらえるとなると

それはハヤブサ可愛がりますよね。

高級な餌も買っちゃいますよね。

ハヤブサレースに参加するにはどうしたらいい?

そんなハヤブサレースに参加したい場合はどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、参加するまでにかかる費用をざっと計算してみたいと思います。

まず参加してもらうハヤブサを手に入れなければなりません!

ハヤブサはだいたい1羽30万円〜60万円が相場です。

そこから毎月、およそ3万円〜5万円の餌代がかかりますね。

それだけでも、100万円は最低かかります。

調教する資金やトレーニング機器などを揃えようとすると
1000万円はくだらないそうです。

それを本業としてやるには、かなりの資本力が必要になります。

とても、素人が参入できるレースではなさそう。

アブダビでは、ハヤブサレースを見ることができるので
旅行中に見る機会があれば一度いってみたいです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク