ハイオクは大差ない!レギュラーとの違いは元々なんだったの?

ハイオクとレギュラーが大差ないと

発言していて問題をよんでいます。

そもそもハイオクとレギュラーの差を正確に知っている人って

少ないのではないでしょうか?

この車はハイオクだから。

この車にはハイオクは入れたらダメ。

など親やディーラーから言われた経験もあると思います。

なぜ大差がないと発言したのでしょうか。。。

今回はハイオクとレギュラーの違いについて

書いていきたいと思います!

スポンサードリンク

ハイオクは大差ない!レギュラーとの違いは元々なんだったの?

ハイオクとレギュラーの違いは何なのでしょうか?

ハイオクとは?

スポーツカーや高級車によく使われていて

オクタン価96以上のガソリンのことを言います。

オクタン価は

ノッキング(異常燃焼)のしにくさ

の意味です。

レギュラーに比べて割高で

ハイオクには洗浄液が含まれているので

エンジン内をきれいに保つことができるのが特徴です。

レギュラーとは?

一方レギュラーはオクタン価が96に満たないもので

89以上とされています。

レギュラーはいわゆる一般的なガソリンですね。

ハイオクにはノッキングを防ぐために

洗浄液に加えて添加物を多く入れています。

その分燃えカスが多くなるので

その燃えカスを洗浄するために洗浄液を入れているため

レギュラーより少し割高になっているという原理です。

ハイオクで今回問題になっているのが

混合していたということ!!!

例えばガソリンを入れる際にエネオスやシェルなど

メーカーにこだわる人もいらっしゃいますよね。

これはメーカーによって使っているハイオクの会社が異なるからです。

それがハイオクが手に入れにくくなったため

A社とB社のハイオクを混ぜた混合出荷をしていたそうです。

こうなるとわざわざエネオスやシェルを探して入れている人にとって

その行動の意味がなくなってしまいますよね。

消費者庁が今回検査に入ったことで

またオリジナルブランドに戻すのかこれから注意していきたいですね。

そもそもなぜハイオクやレギュラーは

車種によって違うのでしょうか?

スポンサードリンク

ハイオクとレギュラーを入れ間違うとどうなる?

もしハイオクとレギュラーを入れ間違うとどうなってしまうんでしょうか?

ハイオクはレギュラーよりだいたい10円高くなっています。

ハイオク車でもレギュラーを使えるんであれば

レギュラーの方が長い距離を走った時お得ですよね。

しかしハイオク車とレギュラー車はもともとエンジン設定が違うので

入れ間違えるとエンジンが故障する可能性があります。

もし入れ間違えたしてもすぐには壊れないので

焦る必要はありませんが

ハイオク車はハイオク、レギュラー車はレギュラーを入れてこそ

初めて性能を発揮できるように設計されています。

入れ間違えた場合はディーラーに相談した方が良いでしょう。

だた軽油を入れるべきディーゼル車に

ハイオクやレギュラーを入れてしまった場合は話は別!!!

ディーゼル車の場合は異音や白い煙が出たり

最悪の場合エンジンが停止してしまいます。

ディーゼル車は特に注意が必要ですね!

まとめ

ハイオクとレギュラーにはそれぞれの性能があるので

車にガソリンを入れる際は必ず確認するようにしましょう。

もし間違えた場合は焦らずにディーラーに相談した方が良いですね。

これからハイオクが混合出荷になるか

ブランドにこだわっている人にとっては注目ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク