バハマにある豚の島「エグスーマ」はなぜ?原因を徹底調査!

バハマにあるエグスーマ諸島に

豚が集まってきていると話題になっています。

エグスーマ諸島はバハマの無人島です。

人がいない無人島なのに

一体なぜ豚が集まるようになってきたのか

今回はその原因を調査していきたいと思います!

スポンサードリンク

バハマ エグスーマになぜ豚がいるの?原因は?

エグスーマ諸島にはなぜこんなに豚が集まっているんでしょうか?

エグスーマ諸島がある場所は

バハマ地区で365以上の島で構成されており

豚がたくさんいるところは

「ビッグ・メジャー・ケイ」という島です。

海がとてもきれいなので

豚も気持ちよさそうに泳いでいます。

そもそも豚って泳ぐんですね!!!

バハマの空港には豚を見に行くためのツアーの看板がたくさんあるそうです。

ツアー会社にもよりますが

ツアーの値段は大体53,000円〜。

豚のいるビッグ・メジャー・ケイまではボートで行くことができます。

ではなぜこんなにも豚が集まるようになってきたのでしょうか?

Swimming Pigs of Exuma Bahamas (Pig Island 2019)

諸説ありますが

養豚場に豚を運ぶ際に逃げたのだとか!

エグスーマ諸島にはおよそ20匹以上の豚が生息しており

ツアーでは餌やり体験もできるほどとても人懐っこいそうです。

無人島でどうやってここまで豚が繁殖してきたのかはまだ不明ですが

豚を見るためのツアーが組まれているので

ここでもらえる餌が豚たちの主食になっているのかもしれませんね!

ボートが島に近づくなり

豚がかなり近くに寄ってくるそうで

愛嬌たっぷり!!!

エグスーマ諸島のビッグ・メジャー・ケンは遠浅のため

人間が入るとだいたい膝のあたりに水面がきます。

なので豚も溺れることはなく

スイスイ泳いで近づいてきます。

こんな綺麗な海に囲まれて生活できるなんて

羨ましいですね!!!

養豚場に運ばれる際に逃げたのかもしれませんが

今となっては豚にとってエグスーマは「天国」なのかもしれません。

だた残念なことに

最近7頭の豚が死亡してしまったそうです。。。

バハマ エグスーマ 豚の死亡原因は?

なぜ7頭もの豚が死亡してしまったのでしょうか?

その原因は人間が与えたアルコール飲料

動物にアルコールを与えたら死んでしまうことなんて考えたらわかりますが

おそらくツアーの際に持ってきていたものにアルコール飲料があり

飲ませてしまったのかもしれません。

バハマはこの事態を重く受け止め

ツアーにも今後厳しい規制をかけるようで

もしかしたら餌をあげることができなくなるとも言われています。

そうなると今後豚には

定期的に餌をあげにくる担当の人ができなければ

生き延びれない可能性もあります。

また観光客も餌をあげられるように豚との友好関係を

上手く築いていってほしいですね。

バハマの豚がコロナでピンチに?!

人間が観光であげていた餌が主食となっていた

豚さんたちですが、今2020年から起きている

コロナ拡大の影響で、エサがもらえない自体が起きているそうです。

人間たちだけではなく豚にも影響を及ぼしているからおどろきです。

広島県にもうさぎだけが住んでいる島がありますが、

そちらは大丈夫なのか気になります。

まとめ

エグスーマ諸島に豚が集まっている原因は

養豚場に運ばれる途中に逃げたことが始まりでした。

ただここまで快適に住んでいる様子だと

豚たちもここを気に入っていそう!

豚に触れ合えるツアーも組まれているので

いつか行ってみたいです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク